ブルーライン
市営バス(グループ)ニュース
2014年9月
ページトップ市営バス(グループ)ニュース

 ここでは横浜市営バスがらみのニュースをお知らせしていきます。これをご覧になった方で何か情報をお持ちの方は是非お知らせいただきたいと思います。情報提供についてはtfuruya"AT"bc.mbn.or.jp("AT"は"@"に直してお送り下さい)までメールをいただければ幸いです。なお、情報提供者については今後「ページご覧の方」に統一させていただきます。


最終更新日は2014年9月22日です。
バックナンバーはこちらになります。

−お知らせとお願い−

 管理人多忙につき管理人一人では追いかけきれない部分も多々ございます。新しい情報等ありましたら是非お知らせ下さい。なお、勝手ではありますが「個人的な根拠のない予想」、「情報源のはっきりしない情報」、「単なる噂」などは混乱を招く原因となりますので出所、根拠、目撃情報であれば日時及び場所のはっきりとした情報の提供をお願いいたします(最近、少々このような情報が多いため、このような書き方をさせていただいております)。

 また、ここで発表した内容が管理人の勘違い等で希に誤っている場合もあります。そう言う場合もありますので安易にこのページの情報の転用などはおやめいただくようお願いします。

 契約プロバイダ内の転送量が増大し、プロバイダより警告を受けました。しばらくニュースページは最新のもののみ分割してお送りしたいと思います。ご覧になる皆様も閲覧時間帯をずらしていただくことで転送量が平準化されます。ご協力いただければ幸いです。

 なお、2009年より撮影年月の表記を原則として掲載するのを中止します(基本的には掲載した直近に撮影しているため)。掲載時点よりも1ヶ月以上前に撮影した場合は掲載します。

※:2012年12月〜2013年12月中の動きは別途「プレイバック 横浜市営バス 2013」で一部掲載します。車両や路線の動きは各リストをご覧下さい。


車両の動き(2014/09/22)

 本記事は9月頭に一分のデータのみ更新した2014年度車についてこれまでにあった動きをまとめてお知らせいたします。

 2014年度の新車が9月上旬から導入されました。最初に入ったのはワンステップロング車です。

  1. 新車
     

    新車一覧
    車両番号 登録番号 配属先 備考
    4-1787 横浜200か40-65 本牧  
    4-1788 横浜200か40-66  
    4-1789 横浜200か40-71  
    4-1790 横浜200か40-73 若葉台  
    4-1791 横浜200か40-74  
    4-1792 横浜200か40-79 磯子  
    4-1793 横浜200か40-80  
    4-1794 横浜200か40-82  
     

    2014年度車(一部)
    2014年度車 4-1788(本牧)
    2014年度車 4-1790(若葉台)
    2014年度車 4-1791(若葉台)
    2014年度車 4-1792(磯子)
    2014年度車 4-1793(磯子)

     今回の新車投入の特徴としては若葉台営業所と磯子営業所にロング車が配属されたことです。

     若葉台営業所では23系統、65系統、321系統で使用されています。磯子営業所では基本的には8系統、58系統、99系統で使用されているようですが、写真にある通り113系統での使用実績もあるようです。

     若葉台営業所では旧150系統運行時に専用車として0-2398〜2401号車が在籍し、間合いで23系統などでも使用されたことがありましたが、その車両いらきのロング車になります。磯子営業所は交通開発籍車にロング車がいますが、横浜市営籍車としては元野庭営業所所属の日野ロング車が一時磯子営業所に在籍したことがありますのでそれ以来となります。
     
  2. 廃車
     
     廃車も9台発生しました。
     
    廃車一覧
    車両番号 登録番号 最終配属先 備考
    0-1537 横浜200か.600 港北 ノンステップ車
    1-1554 横浜231う20-02 浅間町 CNGノンステップ車
    1-4546 横浜231あ20-02
    1-4547 横浜231い20-02
    2-3740 横浜200か10-57 保土ケ谷 ノンステップ車
    2-3745 横浜200か10-62 港南
    2-3746 横浜200か10-63
    2-3747 横浜200か10-64
    3-3760 横浜200か12-12 鶴見 小型ノンステップ車
     

     2000年度車のいすゞエルガで初の廃車が発生しました。また、2001年度CNGノンステップ車も今回3台廃車が発生しました。2001年度車についてはガスボンベの使用期限もあるので、廃車が今後進むものと思われます。また、日野2002年度車の廃車が多く発生し、2002年度日野車は保土ケ谷営業所の2-3741、滝頭営業所の2-3743と3744(BDF車)、港南営業所の2-3750のみとなりました。ブルーリボンシティノンステップ車もこの4台の他滝頭営業所の2000年度車2台の計6台のみとなりました。
     
    廃車車両(一部)
    廃車車両 0-1537(港北)
    廃車車両 1-1554(浅間町)
    廃車車両 1-4546(浅間町)

      
  3. 転属車
     
     転属車も発生しました。以下の通りです。
     

     
    転属車一覧
    車両番号 登録番号 転属前 転属後 備考
    5-3790 横浜200か18-47 鶴見 港南 ノンステップ車
    5-3809 横浜200か18-90 磯子
    5-3810 横浜200か18-91
    5-3811 横浜200か18-92
    6-3836 横浜200か21-65 若葉台 港北
    6-3851 横浜200か22-13 鶴見
    0-1714 横浜230あ17-14 本牧 浅間町
    0-1715 横浜230あ17-15
    0-1718 横浜230あ17-18
    3-1764 横浜200か38-56 港南 保土ケ谷 ワンステップ車
     

     浅間町、港南など廃車が発生した所に新車が入った他の営業所から車両を転属させるような動きが発生しています。浅間町営業所車両の本牧営業所からの転属は現在車内の案内表示が本牧営業所と浅間町営業所で新型機器を導入しているためだからと思われます。
     
     また、保土ケ谷営業所には港南営業所から2013年度ロング車が転属してきました。101系統で使用されています。
       
    転属車両(一部)
    転属車両 5-3790(港南)
    転属車両 5-3809(港南)
    転属車両 5-3811(港南)
    転属車両 0-1714(浅間町)
    転属車両 0-1715(浅間町)
    転属車両 0-1718(浅間町)
    転属車両 3-1764(保土ケ谷)

10月1日からの路線、バス停名変更(2014/09/22)

 10月1日(水)から路線の変更、バス停名の変更、バスターミナルの変更などが行われます。なお、本件に関する写真掲載は転送量オーバーを防ぐため今回は一時見合わせます。

  1. 路線の変更(野庭周辺地区)
     
     45系統、130系統、323系統で以下のとおり変更が行われます。
     
    1. 45系統
       
      1. 「上永谷駅前→すずかけ通→みやのくぼ→野庭中央公園→上永谷駅前」という循環線(午後運行)を従来午前中のみ運転されていた「上永谷駅前→野庭中央公園→みやのくぼ→すずかけ通→上永谷駅前」に統一し、終日外回りの運行になります(なお、夜間の「上永谷駅前→すずかけ通→みやのくぼ→野庭中央公園」は運行継続します。これにより、「天谷」〜「みやのくぼ」間のバス停では「上永谷駅前」行のバスが全て同じバス停から発車することになります。
         
      2. 「港南台駅前〜洋光台駅前」を新設します。この路線は新設とはいえ実際は以前休日ダイヤの朝方に一往復運転されていた区間便の復活となります。このダイヤ改正では「上永谷駅前」と「洋光台駅前」を直通する45系統が削減され、それを補うために「港南台駅前」〜「洋光台駅前」感を結ぶ区間便が設定されたようです。
         
      3. この他、京急ニュータウン発着便などで多少の減便があるようです。
         
    2. 130系統
       
       130系統は基本ルートが「上永谷駅前〜ゆりの木通〜野庭中央公園〜清水橋〜港南車庫前」で、平日のみ片道だけ「野庭団地センター前」を出ると「丸山台」を経由するルートで構成されています。10月1日からは全便が「丸山台」経由に変更され、「永野新橋」及び「ゆりの木通」バス停には止まらなくなります。また、この変更にあわせて「野庭団地センター前」と「丸山台中学校前(上永谷駅前方向のみ)」バス停の間に「天谷大橋」バス停が新設されます。
       
    3. 323系統
       
       51系統の急行便である323系統ですが、9月30日の運行をもって廃止となり、51系統に統合されます。
       
  2. バス停名称の変更
     
     以下の2バス停でバス停名称が変更となります。
     
    1. 22系統、25系統(深夜バスを含みます)
       
      「栄養大学前」バス停が「桜ヶ丘二丁目」に変更となります。
       
    2. 85系統
       
      「下水処理場前」バス停が「南部水再生センター前」に変更となります。

      「下水処理場前」バス停は85系統の起終点バス停のため、10月1日からは「南部水再生センター前」行きとなります。
       
  3. バスターミナルの変更

     「鶴見駅東口」のバスターミナル整備により、10月1日からバス停が変更になります。なお、鶴見駅については西口側もバスターミナル内の待機スペースの変更が実施されています。

「ヨコハマトリエンナーレ2014」会場間シャトルバスに横浜市営バスを使用(2014/09/22)

 ヨコハマトリエンナーレ2014が8月1日から11月3日まで開催されていますが、会場である「横浜美術館」と「新港ピア」を結ぶシャトルバス(土曜日曜・祭日のみ運行)に横浜市営バスが使用されています。当初はLED表示車(専用の表示が準備されていました)が使用されていましたが、その後は1-4548号車がほぼ専属で使用されているようです。

ヨコハマトリエンナーレ2014 シャトルバス
ヨコハマトリエンナーレ2014 シャトルバス 当初使用されていたLED表示車
ヨコハマトリエンナーレ2014 シャトルバス その後使用されている1-4548号車
ヨコハマトリエンナーレ2014 シャトルバス

2-3370号車に銀帯貼り付け(2014/09/22)

 浅間町営業所の2-3370号車に昔の塗装で使用されていた銀色の帯が貼り付けられました。旧塗装を意識したこの試みはこれまで滝頭営業所の7-4613号車や1-2700号車に実施されていますが、3台目として2-3370号車に施されました。

銀色の帯がついた2-3370号車
銀色の帯がついた2-3370号車
銀色の帯がついた2-3370号車

方向幕の話(2014/09/22)

 LED表示の車両が増え、いわゆる「方向幕」車両は絶滅危惧種と言ってもいいくらいの残り台数となってきましたが、最近になっていくつか話題が出てきましたのでまずは情報を中心にお知らせします。今回、既にページ内に収めた写真の枚数が多いため、写真は順次掲載(追加)していきます。

  1. 浅間町営業所の方向幕に追加
     
     浅間町営業所の方向幕車両(9月に3台廃車になったため、残り7台)に、最近新設された系統、子系統の行き先が追加されました。具体的には、
       
     などです(201系統は既存の「横浜駅西口」とは別に平日の循環用の「横浜駅西口」が別途追加されています)。
     
     写真については枚数が多くなるため後日掲載します。
     
  2. 本牧営業所の方向幕車による109系統、148系統運行
     
     本牧営業所の109系統、148系統は方向幕も用意されていますが、ここしばらくは方向幕車両は使用されませんでした。先日、方向幕車による109系統、148系統が運行されました。
     
    方向幕車による109系統、148系統
    (写真提供:ページご覧の方)
    方向幕車による109系統 109系統スカイウォーク前行
    1-2639(本牧)
    方向幕車による109系統 109系統循環線
    1-2640(本牧)
    方向幕車による109系統 109系統循環線
    1-2640(本牧)
    方向幕車による148系統 148系統横浜駅前行
    1-2639(本牧)

ページのトップに戻る
2014年8月のバックナンバーに進む
2014年7月のバックナンバーに進む
2014年6月のバックナンバーに進む
2014年5月(その2)のバックナンバーに進む
2014年5月(その1)のバックナンバーに進む
2014年4月のバックナンバーに進む
2014年3月のバックナンバーに進む
2014年2月のバックナンバーに進む
2014年1月のバックナンバーに進む
2012年12月のバックナンバーに進む
2012年11月のバックナンバーに進む
2012年10月のバックナンバーに進む
2012年9月のバックナンバーに進む
2012年8月のバックナンバーに進む
2012年7月のバックナンバーに進む
2012年6月のバックナンバーに進む
2012年5月のバックナンバーに進む
2012年4月のバックナンバーに進む
2012年3月のバックナンバーに進む
2012年2月のバックナンバーに進む
2012年1月のバックナンバーに進む
2011年12月のバックナンバーに進む
2011年11月のバックナンバーに進む
2011年10月のバックナンバーに進む
2011年9月のバックナンバーに進む
2011年8月のバックナンバーに進む
2011年7月のバックナンバーに進む
2011年6月のバックナンバーに進む
2011年5月のバックナンバーに進む
2011年4月のバックナンバーに進む
2011年3月のバックナンバーに進む
2011年2月のバックナンバーに進む
2011年1月のバックナンバーに進む
2010年12月のバックナンバーに進む
2010年11月のバックナンバーに進む
2010年10月のバックナンバーに進む
2010年9月のバックナンバーに進む
2010年8月のバックナンバーに進む
2010年7月のバックナンバーに進む
2010年6月のバックナンバーに進む
2010年5月のバックナンバーに進む
2010年4月のバックナンバーに進む
2010年3月のバックナンバーに進む
2010年2月のバックナンバーに進む
2010年1月のバックナンバーに進む
Presented by 古屋俊和(Toshikazu Furuya)
E-mail: tfuruya@bc.mbn.or.jp
(なお、@は半角文字にしてお送り下さい)